カジノを設計する上で考慮すべき5つのポイント

カジノを訪れたことがある方なら、ギャンブルをする予定がなくても、建物の魅力に惹かれることがあるのをご理解いただけるのではないでしょうか。観光客がシーザーズ・パレスやウィン・ラスベガスを一目でも見ようとするのは、これらの建物豪華なデザインのためでもあるでしょう。

これこそデザインの力です。建築家の力によって、数ある建物の中でカジノがひときわ目立つ存在になります。ラスベガスやマカオにカジノが新規オープンしたのに、その外観が地味で目立たなかった、なんてことが想像できるでしょうか?建物が目立たないことはカジノにとって不利益となります。

テーマ

カジノが特定のテーマをデザインに取り入れるのはよくあることです。例えば、シーザーズ・パレスはローマ風の建築物として知られており、まるでイタリアにいるかのような気分にさせてくれます。ローマのコロシアムのような雰囲気があるため、プロボクシングの試合の舞台として、数々試合が開催されてきました。

利益の最大化

カジノを設計する際、建築家は利益の最大化を念頭に置くでしょう。カジノの場合、フロアプランを最大にすることが理想的です。ポーカーテーブルやスロットの数を多くして、出来るだけ多くの人がプレイできるようにするのです。

ブランディング

現代のカジノをデザインする場合、ブランディングも考慮に入れるべきでしょう。ターゲットとなる市場から注目されるには、適切なブランディングが欠かせません。(しかし、ブランディングにマッチしていないデザインのカジノも実はたくさんあります。)近代的なデザインを採用しているのは、最近できたカジノかもしれません。また、シーザーズ・パレスのように、かつての剣闘士の時代にタイムスリップしたかのようなデザインのカジノもあります。

ゴージャスさを演出

カジノのデザインは壮大であるべきです。それがモダンなテーマであれ、クラシックなテーマであれ、来場者にお金を使いたい、ゲームをプレイしたいと思わせるような雰囲気を演出することが重要です。ここでは色も重要な役割を果たします。赤は人を大胆にさせます。また、ゴールドはお金を使いたいと思わせるだけでなく、大金を手にするチャンスがあるように感じさせます。

リラックスできる空間

今日のカジノデザインでは、ギャンブル以外についても考慮する必要があります。カジノを訪れる人の中には、リラックスして楽しい時間を過ごしたいと思う人もいます。今日の多くのカジノが、スタンダップコメディやコンサートを開催できる空間を備えているのはそのためです。

プールサイドでリラックスしたり、休憩時間に楽しい時間を過ごしたりできるリゾート型カジノもあります。こうしたカジノは、ラスベガスの砂漠のど真ん中にあるオアシスのように思えるかもしれません。

また、何千人もの熱狂的なファンが詰めかけるようなスポーツイベントを開催することで知られるカジノもあります。MGMグランド・ガーデン・アリーナもその1つです。

カジノを訪れようと思ったことがあるなら、そのデザインが来場者に思い通りの体験を提供する上で、重要な役割を果たしていることに気づくでしょう。建築家は、カジノの見た目の美しさのみならず、利益を最適化するべく、多くの時間と労力を費やしています。失敗したカジノの多くは、デザインに問題があったこともその理由のひとつでしょう。